カバー工法でアルミサッシ取替しました。吹田市・豊中市

サッシカバー工法①
既存のサッシが長年の使用して来ましたが、風雨、日光によって表面部が剥がれ、枠も歪み開閉が出来ない状態でした。今回、既存の枠を残したままで、新しい枠を取りつけて窓を取替られるカバー工法をご提案しました。この方法は壁を壊さないので、工事も1日で出来、費用も安く抑えられます。まず、既存の硝子障子を2枚取り外し撤去します。
サッシカバー工法②
施工中 既存の縦枠にコの字のスチール下地をしっかりとビス止めしています。
サッシカバー工法③
施工中 左右縦枠にコの字スチール、上部枠にもコの字スチール、下部にはL字スチール下地をビス止めします。そして、スチール下地内に新設のビル用サッシをしっかりとビス止めし、その後、既存枠との間にシーリング材を注入し雨、風の侵入を防ぎます。
サッシカバー工法④
施工後 最後に新しいガラス障子をはめ込みサッシ調整をして完成です。今回はLIXIL製ビル用サッシ、PRO-SE単板硝子仕様、ALC枠を使用しました。サッシ色はシルバー、硝子は飛散防止の為針金が入っている、カスミクロスワイヤーで硝子廻りをコーキングししっかりと固定しています