吹田市、片引き自動ドア両袖FIX破損の為、取替施工例です。

自動ドア取替 (1)
施工前 店舗入り口の自動ドアです。自動車が突っ込んで来て破損してしまっていました。幸いけが人は出なかったようですが、自動ドアは破損がひどく、全ての取替をしなければならない状態でした。
自動ドア取替 (2)
施工前 アルミの枠がひどく曲がってしまい、硝子も粉々に散乱していました。
自動ドア取替 (3)
施工中① まず、既存に曲がったアルミ枠、硝子を取り除いていきます。最初に硝子とドア部を慎重に取り外し、その後、ハツリ機等を使用しアルミ枠も取り外します。
自動ドア取替 (4)
施工中② 全ての既存部が取り外し完了しました。2人の職人さんで丸一日の作業時間となりました。
自動ドア取替 (5)
施工中③ 事前に採寸してオーダー製作しました、両袖FIX片引き自動ドア枠を開口部に設置していきます。
自動ドア取替 (6)
施工中④ レーザー墨出し墨出しき器等を使用し、サッシ枠の平行、垂直を計測し、仮固定しましたら、四方全て、溶接止めしていきます。写真は下枠部を溶接している所です。
自動ドア取替 (7)
施工中⑤ 枠の取付が完了しましたら、次に硝子を設置していきます。透明8㎜の硝子を職人2人で、FIX枠内にはめ込みます。
自動ドア取替 (8)
施工中⑥ 硝子のはめ込みが完了しましたら、硝子を固定するコーキング作業に移ります。写真はコーキング材が硝子面にはみ出さずきれいな仕上がりになるように、マスキングテープを硝子際に貼り付けている所です。
自動ドア取替 (9)
施工中⑦ マスキングテープの貼り付けが終わりましたら、コーキング材の充填作業を行います。
自動ドア取替10
施工後 マスキングテープを剥がし硝子工事が完了しましたら。ドア本体を吊り込みエンジンの設置、作動調整等をして完成となります。