吹田市、両開きドアを引き分け自動ドアに取替の施工例です。

引き分け自動ドア (1)
既存ステンレスヘアライン袖ランマ付両開きフロアヒンジドアです。このエントランス部を開口部の広くとしたいのと、セキュリテイ対策で引き分け自動ドアにしたいとのご相談がありました。既存の枠を取り除くと外壁のデザインタイル等を撤去補修が必要となりますので、既存枠は残しその他ドア・袖・無目・硝子・フロアヒンジを取り除いて新しい枠を取り付ける方法で施工する事となりました。
引き分け自動ドア (2)
施工中①既存ドア・袖・無目・硝子等をこの様にきれいに取り除きます。
引き分け自動ドア (3)
施工中②床もタイル目地に沿って新設枠・レールが埋め込めるように5センチ程に深さまでハツリます。
引き分け自動ドア (4)
施工中③新設枠の取付に必要なスチールの下地材を取付ています。
引き分け自動ドア (5)
施行中④新設枠を既存枠内にはめ込んでいきます。
引き分け自動ドア (6)
施工中⑤新設枠をはめ込み、レーザー墨出し器で垂直・平行の位置決めが出来たら、溶接止めしていきます。
引き分け自動ドア (8)
施工中⑥外部無目上に挟み込み防止の安全センサーを取付ます。
引き分け自動ドア (9)
施工中⑦無目センサー、ビス止め完了後カバーをつけます。
引き分け自動ドア (10)
施工後 枠廻りに化粧額縁を取付壁との隙間をコーキング処理します。次に硝子をはめ込みコーキング施工します。土間タイルを補修し、自動ドアの開閉調整・セキュリテイシステムとの連動制確認をして完成となります。