高所窓、排煙装置オペレーター不具合の現場調査に伺いました。吹田市

オペレーター取替 (1)
マンションのテナントに設置しています、排煙窓の不具合の現場調査に伺いました。排煙窓とは、万が一の火災の際に生じる有害な煙を外へ排出し、建物内の安全を確保するための窓の事です。火災時以外でも、通常の室内換気の窓あとしても利用できます。排煙窓は通常、手が届かない場所の設置されているため、開閉するための排煙オペレーターが備わっています。
オペレーター取替 (2)
今回の排煙窓は3連窓でボタンを押すだけで開放ができるワンタッチオペレーターでしたが、ボタンを押してみると内観右端は全開、真ん中は閉じたまま、左窓は少しだけ開放という状態でした。
オペレーター取替 (3)
角度の違う写真です。
オペレーター取替 (4)
写真の様な滑車部品にワイヤーが通って窓の開閉を行います。
オペレーター取替 (5)
滑車部品とオペレーターハンドルとの接合部の写真です。
オペレーター取替 (6)
これがオペレーターハンドル(手動)です。左下のボタンを押すと窓が全て開き、窓を閉めるときはハンドルを廻します。長年、排煙オペレーターをお使いいただくうちに、ギアの摩耗や錆による固着が発生していました。この様な場合は操作ボックスの交換が必要となります。排煙窓のお困りごとが有りましたらお気軽にご相談ください。