摂津市、木製玄関ドア(ランマ袖付き)のリフォーム施工例です。(LIXIL製リシェント)

玄関ドアカバー (1)
既存のランマ袖付き木製玄関ドアです。30年以上のご使用でドア本体の表面が一部腐食し面材が剝がれていました、また、ハンドルの動きも固く開閉に支障が出ていました。今回、玄関ドアを取替を考えられ、良い方法はないでしょうか?とのお相談を受けました。弊社のご提案はランマ袖部を解体しその中にすっぽりと納めることが可能なLIXIL製リフォームドアリシェントをご提案し、ご採用頂きました。
玄関ドアカバー (2)
施工中① 玄関ドア本体の取り外しです。ドアクローザ、丁番と順番にビスを外して行きます。
玄関ドアカバー (3)
施工中② ビスを外し終えたら、ドア本体を運び出します。
玄関ドアカバー (4)
施工中③ 袖部下のタイル部をハツリ機等を使用し取り除いて行きます。ランマ部無目、袖部の硝子を外し、枠部を切断して行きます。
玄関ドアカバー (5)
施工中④ この様に新設ドア枠の取付に支障があるものは、全て取り除きます。
玄関ドアカバー (6)
施工中⑤ 新設玄関ドア枠をはめ込み、レーザー墨出しを使用平行、垂直を確認して、電動ドライバーを使用ししっかりとビス止めしていきます。
玄関ドアカバー (7)
施工中⑥ 枠の取付が完了しましたら、ランマ部・袖部に硝子をはめ込みビートで抑え込み固定します。次に玄関ドア本体を吊り込みます。
玄関ドアカバー (8)
施工後 内外部に化粧額縁を取付、サッシ廻りに雨水、風の進入防止の為コーキン材処理をします。最後に、ドアの開閉スピード調整、錠の施錠調整をして完成となります。1日で完成しますので、防犯面も安心です。