吹田市、中残付き引き違い窓(アルミサッシ)硝子割れ替え施工例です。

硝子割れ替え (1)
施工前 掃き出しアルミサッシ中残付きの下部の硝子が割れてしまいましたので、取替て欲しいとのご依頼でした。現場調査時に既存の硝子寸法を計測し、硝子の種類も確認します。取替時にはそのサイズに合わせて切断した硝子を搬入します。
硝子割れ替え (2)
施工中① 硝子障子をサッシ枠から取り外します。
硝子割れ替え (3)
施工中② 硝子障子をばらしていきます。写真は中残部の組み立てビスを電動ドライバーで取り外している所です。
硝子割れ替え (4)
施工中③ 障子部の上部、中残部、下部の組み立てビスを取り外しましたら、縦の框材を外していきます。
硝子割れ替え (5)
施工中④ 割れている中残下部の硝子を取り外します。
硝子割れ替え (6)
施工中⑤ 既存硝子の寸法に合わせて切断してきた新しい硝子の廻りにグレイジングビート(ゴム製のサッシに硝子を取付材料)を巻き付けていきます。
硝子割れ替え (7)
施工中⑥ 既存の割れた硝子を取り外した状態です。
硝子割れ替え (8)
施工中⑦ グレイジングビートを巻き付けた新しい硝子をサッシの硝子溝にはめ込んでいきます。
硝子割れ替え (9)
施工中⑧ 硝子のはめ込みが完了しましたら、取り外していた障子部縦框を組み立てていきます。
硝子割れ替え (10)
施工中⑨ その後、取り外していた障子下部の框材をはめ込んでいきます。
硝子割れ替え (11)
施工中⑩ 材料のはめ込みが完了しましたら、ビス止めします。
硝子割れ替え (12)
施工中⑪ 硝子の割れ替えが完了したアルミ障子を元の枠にはめ込みます。
硝子割れ替え (13)
施工後 アルミ障子をはめ込み、動作確認調整、クレセント施解錠確認調整をして完成となります。