硝子を割れにくく、軽量なポリカーボネートに取替しました。吹田市・豊中市

ポリカ入替①
既存、会社内研修センターの浴室入口(脱衣場)片引き戸です。引き戸が重くて開閉がしにくいので、改善の良い方法は有りませんか?とのご相談でした。
ポリカ入替②
左写真は、同じく会社内研修センターの浴場入口、両袖FIX付の片引き戸です。こちらも引き戸が重くて開閉がしにくいのでとの事でした。現場の片引き戸には6㎜の硝子が入っており、硝子だけでも約25キログラム有ります。今回、硝子部を重量が硝子の半分のポリカーボネートに交換をオススメしまして、ご採用頂きました。
ポリカ入替③
ドア本体を枠より外し、既存硝子を撤去します。その後、ポリカーボネートを設置し、シリコンでしっかりと固定します。
ポリカ入替④
完成写真です。浴場で硝子の破損などしますと、大変危険です。ポリカーボネートは同厚硝子の約200倍の強さ、表面に特殊被膜を付加していますので、直射日光の下でも、黄変、劣化しにくく、最初の透明感を長く維持します。強靭で軽量、安全性、施工性、美しさ、加工性など優れた性能を発揮し新しい空間デザインを自由に創造することができます。