エントランス、ランマ付両開きフロアヒンジドア取替完了しました。吹田市・摂津市

ランマ付両開きドア ①
既存アルミランマ付き両開きフロアヒンジドアです。フロアヒンジ部の地盤が下がりドアの開閉に支障が出ていました。また、フロアヒンジ自体も錆びつき油圧が効かなくなって交換が必要でした。今回、壁を壊さず、既存のアルミ枠3方を残しその中へ新設ドア枠をはめ込むカバー工法でお取り替えする事になりました。
ランマ付両開きドア ②
職人2人がかりで、①既存ドア本体を取り外します。②ランマ部の硝子を取り外します。③フロアヒンジ廻りをハツリ機ではつって取り除きます。
ランマ付両開きドア ③
既存ドア枠無目部を電動ノコギリでカットしていきます。新設ドア枠がきっちり納まる様、根元迄丁寧にカットします。
ランマ付両開きドア ④
新しいドア枠を、既存枠内にレーザー墨出し器を使用して、上下左右対角を測定し、きっちりとビス止めしていきます。その後、新しいフロアヒンジの位置決めをし、溶接用アンカーを打ち付け溶接止め、その後モルタル詰めをして固定していきます。
ランマ付両開きドア ⑤
ランマ部に硝子を入れ、ドアハンドルを取付最後に枠廻りに雨水のが侵入しない様コーキング処理をして完成です。既存のドアHが1800㎜と低かったので、今回ドアH2000㎜にしてランマ部を小さくしました。カバー工法は1日で工事が完了しますので戸締りも出来、防犯面も安心で工事費用も抑えられます。是非、皆さんもドアの取替の際はご相談下さい。