ランマ付店舗ドアをカバー工法にて取替しました。豊中市

ランマ付店舗ドア (1)
施工前 既存の事務所入り口ランマ付親子ドアですが、①ドアの高さが1.8mで低いので高くしたい②防犯強化の為、現在1つしかない錠を2つにしたいとのご相談でした。今回、①②のご希望を叶える為に、LIXIL製アルミ框ドアに取替することとなりました。
ランマ付店舗ドア (2)
施工中①既存のドアを1つずつ取り外します。その後、ランマ部の硝子を破損しない様に慎重に外します。

ランマ付店舗ドア (3)
施工中②写真のレシプロソー(往復式電動ノコギリ)を使用し既存のランマ部無目を切断していきます。
ランマ付店舗ドア (4)
施工中③既存ドア本体・硝子・無目を全て取り除きました。
ランマ付店舗ドア (5)
施工中④新設の枠を取付て行きます。レイザー式墨出し器を使用し平行、垂直を計測し歪みの無い様に、しっかりとビス止めしていきます。枠の取付完了度、ランマ部に硝子をはめ込んみビートで抑え込み固定します。
ランマ付店舗ドア (6)
施工中⑤ドア本体を吊り込んでいきます。親扉のみドアクローザを取付ます。
ランマ付店舗ドア (7)
施工中⑥握り玉部と上部の2カ所にシリンダーが設置されています。硝子は硝子と硝子の間にフィルムが入り貫通しにくい防犯合わせ硝子を使用しました。
ランマ付店舗ドア (8)
施工後ドア枠廻りをコーキング処理し完成です。ご要望り①ドア本体の高さを2mにしました。②防犯強化の為シリンダー2カ所・防犯合わせ硝子を採用し、ドア下部アルミパネルも2枚重ねにしています。