既存アルミ框親子ドアを、カバー工法にて電気錠仕様に取替しました。豊中市

親子ドア(1)
既存のアルミ框親子ドアです。今回、セキュリティ会社の防犯システムを採用されることに伴い、電気錠仕様に取替をすることとなりました。既存枠取り外すと外壁等の補修が発生しますので、工事費用を抑えられ、1日で完了出来ます、既存枠を残したままのカバー工法での施工となりました。
親子ドア (2)
施工中① 既存ドアの上下丁番のビスを電動ドライバーで外して、本体を取り外します。
親子ドア (3)
施工中② 軽トラックに残材を積み込み、会社に帰ってからばらして硝子、金物、ゴムビートに選別し、それぞれの処分をします。
親子ドア (4)
施工中③ ドア本体・親扉・子扉を取り外したところです。
親子ドア (5)
施工中④ 既存枠に新設枠をはめ込み、レザー水平器で平行・垂直を計測し、パッキン等挟み込み、きっちりと位置決めをします。
親子ドア (6)
施工中⑤ 新設枠内側から電動ドライバーでしっかりとビス止めして行きます。
親子ドア (7)
施工後 ドア枠を全てビス止めし、ドア本体を親扉・子扉と吊り込み、ドアの開閉を確認します。ドアクローザーを取付、ドアの閉まるスピード調整をします。既存枠との隙間はコーキング処理をして、雨・風は入らない様にします。設置した電気錠の動作確認をしてもらい完成となります。