ブロック塀を取り壊し、アルミフェンスの取付施工例です。摂津市

フェンス①
ご自宅のお庭廻り石垣上部に設置していましたブロック塀が、先日の地震の強い揺れでずれ倒壊しそうになっていました、大変危険ですので既存ブロック塀高さ1M、総W28m程を全て撤去し、軽量のアルミフェンスを取付てほしいとのご依頼でした。今回のフェンス設置部はコンクリートが残っていますの、コア穴抜き機でフェンス取付用柱を埋める、穴を開ける作業が必要です。コア穴開け完了後、柱を設置、高さを合わせて、モルタルを詰め固定していきます。柱総数49本でした。
フェンス②
今回ご採用頂きましたフェンスは、ykkap製シンプレオフェンス13型、プラチナステン色、高さ1Mの商品です。フェンス下部にはオプションの隙間隠しも取り付けています。コーナ継手によって出隅・入隅も綺麗に納まります。このフェンスはルーバータイプで、視線は遮りますが、風の通る隙間が有ります。
フェンス③
90°と160°と120°程のコーナー3か所がある、長さ15Mある箇所の施工前写真です。
フェンス④
施工後、写真です。コーナー継手は60°から300°まで対応可能ですので継ぎ目の隙間無く綺麗に仕上がりました。