防犯合わせ硝子で空き巣の侵入を許しません。

合せ硝子①
勝手口引き戸の下パネルを破られ空き巣に入られました。防犯に優れた商品で修理してほしいとのご相談でした。現場は裏口で高いブロック塀に囲われていますので、不審者が侵入しても外から見え難い為、空き巣に狙われやすい場所でした。まず、空き巣の嫌がるセンサー式の照明、歩くと音のなる石、ブロック塀を低くし、外から入口が見える様にすることが防犯になるとお話ししました。
合せ硝子②
そして、既存の硝子とパネルでは1分足らずで破られ侵入をゆるしてしまいますので、防犯合わせ硝子をオススメし取付致しました。防犯合せ硝子は硝子と硝子の間に特殊フィルムを挟み込んでいますので、先の尖った金属でも貫通し難い商品です。空き巣の侵入時間の目安は5分と言われていますので、防犯合わせ硝子のラベルがあるだけで抑止力になります。
合せ硝子③
今回、中桟上部・下部とも防犯合わせ硝子を取付け、サッシ戸先上部に補助錠も取付て2重の備えで安心です。