防犯対策に効果を発揮する、AGC製合せ硝子ラミセーフに取替しました。摂津市・吹田市

防犯合わせ硝子 (1)
空き巣の被害にあわれたお宅のサッシです。硝子を割られそこからロック解除され家へ侵入されてしまいました。既存硝子は透明3㎜で数秒で破損する事が出来てしまいます。今回防犯の為、AGC製防犯合わせ硝子ラミセーフセキュリティーに取替る事となりいました。ラミセーフセキュリティーは2枚の硝子の間に特殊フィルムを挟み、破損時に優れた飛散防止効果を発揮し、特殊フィルムを厚くすることでさらに防犯性能を高めた硝子です。SG30はフィルム厚さ0.8㎜・SG60は倍の1.5㎜・SG90は3倍の2.3㎜と防犯レベルにより使い分けが出来ます。
防犯合わせ硝子 (2)
既存の硝子を全て取り外した後、ラミセーフセキュリティーをサッシの硝子溝にはめ込んでいきます。今回はコーキングでの施工をします。コーキングが硝子にはみ出ない様綺麗に仕上げる為、硝子廻りにマスキングテープを貼っていきます。
防犯合わせ硝子 (3)
マスキングテープが貼り終えたら、コーキングガンを使用し、コーキング材を充填していきます。その後、ヘラでコーキング材をなぞって、段などつかない様一直線に綺麗に仕上げます。最後にマスキングテープを剥せば完成です。
防犯合わせ硝子 (4)
ラミセーフセキュリティーは一般の板硝子と同等の可視光透過率を維持しながら、特殊フィルムによって99%以上の紫外線をカットする効果も有ります。