2階ベランダ屋根の取替の施工例です。吹田市・豊中市

バルコニー屋根 ①
既存2Fアルミテラス屋根波板タイプです。台風の強烈な風によって、波板が半分程吹き飛び、アルミ柱や、屋根骨組み材料が折れ曲がってしまう、被害を受けられました。補修不可能な状態でしたので、既存を撤去し、アルミテラス屋根を新設する事になりました。1Fから梯子を伸ばし2Fベランダへの侵入経路を確保します、まずは、脚立の登り、既存の波板を1枚ずつ、上部のフックを外し取り外していきます。
バルコニー屋根 ②
次に、屋根材を取付ていたアルミの骨組み(野縁・垂木・側枠・前桁・柱等)を電動ドライバーでビスを外しながら1本、1本順序よく取り外していきます。順番を間違えますと、残材が落下して事故のもとになりますので、慎重に作業します。
バルコニー屋根 ③
既存、アルミテラス屋根波板タイプを全て取外しました。今回は、取り外しに2時間程かかりました。これで、やっと、新設分の取付がスタート出来ます。
バルコニー屋根 ④
完成写真です。今回の商品はykkap製テラス屋根、ソラリアフラット型、奥行き柱移動タイプ、ピュアシルバー色、屋根材は熱線遮断ポリカーボネート、クリアマット間口4030㎜出巾1770㎜の商品を取付ました。強風でもテラス屋根が飛ばない様に、新設テラスのアルミ柱を既存のスチール手摺に貫通ボルトで上下2か所しっかりと固定しました。