アルミ框ドア、シルバー色をブロンズ色へ変更取替施工例です。高槻市

片開き戸 (1)
施工前 会社事務所入り口アルミ框ドアシルバー色、握り玉錠が凹み、キズが目立ってきているので、新しいドアへ取替てもらいたいとのご相談がありました。今回の施主様のご希望は①ドアの開きを既存の反対の左側にしたい。②握り玉錠ではなく、レバーハンドル錠にしたい③シルバー色からブロンズ色にしたい④もっと丈夫な物が良いとの事でした。そのご希望に沿った商品をご提案し取り換える事となりました。
片開き戸 (2)
施工中① 既存のドア本体の上下丁番ビスを電動ドライバーで取り外し、ドア本体を撤去します。
片開き戸 (3)
施工中② その後、既存ドア枠も取付ビスを取り外し撤去します。
片開き戸 (5)
施工中③ 新設のドア枠を垂直・平行・対角を測定し正確に設置します。その後パッキン等で固定しながらしっかりとビス止めしていきます。
片開き戸 (6)
施工後 ドア枠廻りの隙間を雨・風が侵入しない様にコーキング処理をします。ドア本体を吊り込み、ドアクローザーを取付、開閉スピード調整、錠の施錠調整をして完成となります。ご希望通り①ドアの吊元を左に②レバーハンドル錠に③ブロンズ色に④既存のドアは縦材が6センチでしたが、11センチにし丈夫に、以上4項目ともクリアしています。