摂津市 テンパードアをアルミ框ドアに交換しました。

店舗ドア (1)
店舗兼ご自宅の既存、テンパードア(強化硝子12㎜)です。施主様が年齢を重ねドアの開け閉めが重たく大変なので、良い解決方法はないでしょうか?とのご相談がありました。
店舗ドア (2)
フロアヒンジです。テンパードアの軸側の床に埋め込んで、ドアの荷重を支え、開けられたドアを適切なスピードで、ソフトに確実に閉める装置です。このフロアヒンジがが故障して、ドアが急に締まり指詰めの危険性がありました。。
店舗ドア (3)
枠上部にドアが擦ってしまって、スムーズな開閉も出来ない状態でした。今回、既存枠を残したままの取付を行うカバー工法で、LIXIL製クリエラガラスドア3方枠、ドアクローザー付きに取替ることになりました。
店舗ドア (4)
施工中① 既存枠の内側に新設ドアの枠を電動ドライバーでしっかりとビス止めしていきます。その後、既存枠と新設枠との隙間にコーキング処理をし、雨、風が入らないようにします。
店舗ドア (5)
施工中② 枠取付完了後、ドア本体を吊込みます。そのあとに内外部にコーキング処理をして、ドアクローザを取付ドアの閉じるスピードを調整します。ドアの事でお困りの際は、是非、一度、私共にご相談ください。宜しくお願い致します。
店舗ドア (6)
施工後 完成写真です。硝子は5㎜の透明ガラスを入れましたので既存のテンパードアと比べ半分程の重量になりました。もちろん、ドア枠とドア本体が接触することもなく、大変スムーズに開閉できるようになりました。