サッシ雨戸枠交換工事を完了しました。吹田市・豊中市

マドリモ雨戸 (1)
既存、雨戸枠が長年の使用で所々破損し、雨戸が写真の様に斜めになり落下しそうになっていました。残念ながら枠の補修では対応できませんでしたので、新しく雨戸枠を新設する事となりました。今回、ykkap製マドリモ雨戸鏡板無し枠仕様、ホワイト色、スチール戸板をご採用頂きました。
マドリモ雨戸 (2)
既存の破損している戸袋を撤去してい行きます。取付用ブラケットはグラインダーで切断します。切断したブラケット跡から雨水の侵入がしない様、しっかりとコーキング処理します。
マドリモ雨戸 (3)
雨戸枠を取付ていきます。レーザー墨出し器を使用し歪みの無いようしっかりとビス止めしていいきます。念の為、枠の仮止めをした段階で戸板1枚入れ動作確認をします。問題なければ完全にビス止めし、枠廻りからの雨水侵入を防ぐ為、コーキング処理をします。
マドリモ雨戸 (4)
次に戸袋を取付ます。その後、雨戸2枚を入れ、鍵穴加工、最終調整をして完成です。今回は、鏡板有り仕様もあり、戸板も通風仕様・断熱仕様などから選択可能です。サッシ色もブラウン・カームブラック・プラチナステン・ピュアシルバーと今回のホワイトの5色がラインナップされています。