吹田市 既存木製雨戸からアルミ(面材スチール)雨戸に取替の施工例です。

雨戸簡易カバー (1)
ご自宅の木製雨戸が長年の雨・日射でかなり腐食が激しく、破損していました。今回既存の戸袋はそのまま使用して、雨戸本体のみを交換する簡易カバー工法で取り換えることとなりました。まず、既存の木製雨戸を搬出していきます。
雨戸簡易カバー (2)
搬出した木製雨戸は、軽トラックの荷台に乗せ処分場へ運びます。
雨戸簡易カバー (3)
施工中① 既存の木製雨戸を撤去後、いったん、既存アルミサッシの硝子障子も外して、埃等を掃除機で取り除きます。
雨戸簡易カバー (4)
施工中② 既存の雨戸レールも取り外した写真です。
雨戸簡易カバー (5)
施工中③ 枠下部、既存のレールがあった位置に、新設する雨戸のコの字アルミレールをしっかりと取付ます。
雨戸簡易カバー (6)
施工中④ 枠上部も新設する雨戸用のコの字アルミレールをしっかりと取付します。
雨戸簡易カバー (7
施工中⑤ 新設用レールを上下とも完了後、取り外していた、既存のアルミサッシの硝子障子、網戸をもとに戻します。
雨戸簡易カバー (8)
施工中⑥ 新設のアルミ雨戸(面材スチール)を片側のみ入れたところです。
雨戸簡易カバー (9)
完了後 新設のアルミ雨戸(面材スチール)を2枚とも入れ、動作確認と隙間の無い様に戸車の調整を行います。最後に錠穴加工し、施錠確認をして完成です。今回の雨戸は通風無しですが、通風可能なオールアルミのガラリタイプも有ります。