吹田市 無垢の建具 ナラ材

無垢建具
木製建具の硝子戸です。
サッシ窓でいう 辷り出しタイプの窓です。
ホイトコという金物を使います。室内建具です。
ナラ材は、年数が経つと色が変化し 建具に味がでてきます。ウイスキーの樽にも使われていますので、丈夫な材になります。

硝子入れ作業
硝子は、輸入硝子を入れます。今は廃盤になりましたが、昔のソフトという硝子の柄に似てました。
どこの国でも同じような硝子の柄があったんですね。
輸入硝子
硝子押さえを外し、硝子をはめ込みます。
木製建具は、ビス止めタイプは、硝子が割れてもメンテナンスしやすいです。輸入硝子は、日本の硝子に比べ割れやすいように思います。慎重に取り扱いしなくてはなりません。
硝子入れ
ナラ材
建具の材料のご紹介をしたいと思います。
ナラは、柾目には斑がみられます。その模様はトラの毛並みに似ているので 虎斑(とらふ)と呼ばれます。肌目は、粗いです。材は重たく硬いです。ビスなどを打つ場合は、穴をあけておき金物を取り付けます。

ナラは、どんぐりなる木として親しまれている樹木です。
施工事例
施工事例の写真をクリックしてください。
過去の施工事例をご覧いただけます。
ご参考になさってください。