吹田市 建具 お客様だけのオーダー天板の出来上がり!

天板イメージ
お客様より、このような物を作れますか?とお問い合わせがありました。

天板でしたら、棚板ですか?いえ違いますとお客様、では何にお使いですか?とお尋ねした所

お仕事で使用していた机に、
(製作図)このような300角位の開口が開いてます、その下に 物が入れれるようになっていましたが、物を入れることが無くなりましたので、穴をふさぎたいと・・・ご希望でした。

今後は、開け閉めすることは無いので蓋のような感じで閉めたい!

天板でしたら、見えるので板の厚みにテープなどを貼りますが、閉めたら二度と開ける事はないのでテープ貼らなくて良い。とおしゃってくださいました。
天板切欠く30㎜
テーブルがグレー系の事務机のような感じなので、ライトグレーぽい色目で、色も明るい目のグレーで、こちらの方で色選びもお任せくださいました。気に入ってもらえるといいのですが・・・。



天板切欠く10㎜
同じサイズの天板をオーダーしました。
切り欠けが一カ所づつあります。
切り欠けの形が少し違いました。
4隅10R加工
側面は、テープを貼りません。もう、天板をはめ込んだら、外さないので見えないからです。
天板の面材も、ポリ合板にさせて頂きました。メラミン材の方が、同じサイズでも金額が高くなります。なので、ポリ合板にいたしました。
天板の切り欠き30㎜
4方隅をアールを取る様にとるように製作図に書いてあります。
このアールは、直径10㎜の丸みになります。
10Rでと建具工場に、加工をお願いしました。

この様な天板も、建具を製作工場に依頼をします。
天板の切り欠き10㎜
切り欠けが、上の写真と少し違います。気を付けて加工をしなくては・・・


この切り欠けがなくては、ぴっちり蓋のように閉める事が出来ないそうです。現在使用中の机の写真は見てないので、イメージがわきませんが、うまく納まりますよーに!

お客様 専用の天板を形にいたしました。
施工事例
施工事例の写真をクリックしてください。過去の施工事例がご覧いただけます。どうぞご参考になさってくださいませ。