吹田市 強風から窓を守る!何を取り付ける??

可動ルーバー 雨戸
先日とても強い風が吹きました。また、台風を思い出しそうな風でしたね。
この雨戸は、羽根が可動式になっています。
夏などは、雨戸を閉めたまま風を取り込むことができますす。羽根も調整できますので、お好きな角度で調整が可能です。

シャッターにした方がいいのか?シンプルな仕組みの雨戸戸にするのか?
雨戸を取り付ける場合は、戸袋のスペースが必要になります。
シャッターを取り付ける場合は、下地がしっかりしているか?シャッターを巻き込むスペースがあるのか?などお選びいただく製品により必要条件がかわってきます。
雨戸ルーバー
木製建具から アルミ製の雨戸へ雨戸板を交換する事も可能です。下見をさせて頂き今のレールを見せて頂き必要な部材と取替ます。

雨戸板には、風を通さないタイプもございます。

鎧戸という 1枚ずつ独立したアルミの羽根材の物、可動ではないので、羽根は固定されていますが、ソフトな光とさわやかな風を室内に取り入れる事はできます。
木製雨戸
断熱材・硬質ポリウレタンを塩ビ鋼板の間に注入発砲することで、優れた断熱効果・遮音にも優れた断熱雨戸もあります。
取替雨戸という物があります。

窓に雨戸を!とお考えの方は、お問合せください。
雨戸簡易カバー 工事
現状のレールや窓廻りの下見が必要です。
見積には、下見をさせ頂かないと金額を出すことは 大変難しいです。

1階?2階?など足場が必要なのか?
現場を見ないとわからないことがたくさんあります。
施工事例
施工事例の写真をクリックしてください。過去の当社の施工事例がご覧いただけます。リフォームの時のご参考になさってください。