吹田市 窓から少しでも音をさえぎりたい!

騒音
窓での遮音について 少し考えてみます。
お問い合わせで 多いのは、内窓で音が静かになりますか?
家から漏れる音を小さくしたいのです。とか お悩み事が多いお問い合わせの 案件です。

昔は、かなり遠い昔は 日常耳にする大きな音といえば、昔は人の声以外では お寺の鐘やお豆腐屋さんなどの移動販売のベル鐘の音や 動物の鳴き声などだったと思います。

今の私たち廻りを取り巻く音は、電車・自動車・飛行機など交通騒音・建築工事や道路工事など様々あります。
内窓
こうした状況から住まいの防音が真剣に考えられるようになりました。特にそのポイントとなるのが窓や壁ではないでしょうか?ですから防音でお悩みの方々は、窓を2重にすることに関心が寄せられるのは当然の事だと思います。

音とは、空気の振動です。物理現象であると同時に個人の感覚的なものでもあります。
ですから壁や窓や扉に隙間があれば、音は隙間からいくらでも入ってきます。また、隙間がなくても、壁の反対側にも音は侵入してきます。これは壁が空気の振動で壁が動いて反対側に伝える性質があるからです。
出窓に内窓取り付け
音の伝わり方には、空気音(自動車・人の話し声・飛行機など)と個体音(2階の足音・トイレの排水音・床や壁などを伝わって聞こえるもの)
音には、聞きよい音もありますね。自分に聞きづらい音が騒音になり受け止め方には個人差が出てきます。ピアノの音も時と場合によっては、ある人には騒音になる場合があると思います。

耳をふさいでみてください。両耳をぴったりふさいでみると音は聞こえにくくなりませんか?耳をふさいでさらに布団をかぶったらどうでしょうか?もっと音が聞こえにくくなるのでは??このように、隙間を少なくして、壁やガラスをより重ねることで音をもっとさえぎることができます。
出窓内窓取付る
音をさえぎる機能の事を専門用語では、遮音性能と呼び「デシベル」(dB)で表します。
この音は、〇〇デシベルですね。と聞いたことがあると思います。

手軽に、音もさえぎる事ができるのが、今ある窓の内側に樹脂サッシを取り付ける窓リフォーム工事があります。家の壁を分厚くするのは、これから家を建築される方は、検討されてるのがいいかと思いますが、住居してる状態で壁を厚くする工事は、大掛かりになります。

マドリモ
内窓を取り付けたからと完全に遮音されませんが、嫌な聞きづらい音が少なくなりストレスがなくなればとお勧めいたします。

音でお悩みの方は、一度内窓をご検討なさっては?いかがでしょうか?サッシメーカーのショールームに内窓の簡単な実験のコーナーもあると思いますので、ショールームにも足を運んでみてくださいね。
施工事例
左の施工事例の写真をクリックしてください。当社の過去の施工事例がご覧いただけます。どうぞご参考になさってくださいませ。