吹田市 面取り硝子の家具の扉を無事納品いたしました。

硝子押さえ棒
何度かブログにアップしてますコレクションボードの面取り硝子が出来上がってきました。
硝子を押さえる押さえ棒を合うサイズにカットします。カットした後は、ビスを均等感覚に打てるように印をつけていきます。
面取り硝子交換
既存のプラスチック製の硝子押さえの棒は、ポキポキ折れてしまい新しく木製で硝子押さえ棒を作り色を塗りました。長めの棒はサイズに合わせカットします。

面取り硝子は、割れてましたがアール部分が残っていたためぴったりサイズに仕上がりました。
これで、元通りのコレクションボードの扉です
硝子交換
新調に新しく仕上がった硝子を割らないように硝子押さえをビス止めし硝子を固定します。
硝子製品は、取り扱いに気を付けなくてはなりません。綺麗仕上がったオーダーの硝子を割ってしまったら大変ですから・・・

硝子交換完了
はい!完成いたしまた。これで正面から見た目は
元通りです。
後は、扉を取付に行き完了となります。

完了後の写真はありませんが、お客様には大変喜んでいただけました。


施工事例
施工事例の写真をクリックしていただくと過去の当社の施工事例がご覧いただけます。

ご参考になさって下さい。