守口市 和室コーナーの畳下に大型引出しを製作。収めてきました。

引出し1
リビングルームの一角に和室、畳コーナを設ける設計に、上げ床式の床にし、下部に大形収納の引き出しの製作依頼があり収めてきました。 
畳下のデッドスペースの有効利用のためです。
引出2
引き出しを取り付ける際左右の横振れ防止の部材を左右に付けます。
引き出しの戸車が単方向にしか動かないので、ガイド材で強制的に引き出しをまっすぐに前後方向に向けるように、補正してくれます。
木片をくさび状にしただけのいたって簡単な部材ですが、いい仕事をしてくれます。
引出3
引出しの内部の内箱はシナ材の無塗装の合板で仕上がってます。適度に吸湿・排気をしますので、季節ものの衣類や寝具等を収納するのに適してます。
引出4
引出しの前面板はメラミン材で、傷がつきにくい素材です。
引出しの引手は飛出しの少ない掘り込み引手を使いました。
和室が少なくなっている近年の新築状況ですが、畳は根強い人気で、このような設計、畳コーナーのあるリビングが増えてきているように思われます。
施工事例