東淀川区 和室の下部引出が完成しました。納めてきました。

引出1
和室の引出収納が完成しましたので、納めてきました。
以前お伺いした時と現場の状況は一変し大変シックで、素敵なリビングルームの畳コーナーが完成しておりました。
引出2
まず最初に、開口部の内側の両サイドにクサビ形状のガイド材を接着します。建枠と床に接着剤を塗り固定します。
ガイド材の役割は重要で、出し入れするとき、左右の手振れを押さえながら収納するため、最後に左右の隙間がほぼ均一になります。
引出3
これは収納した引出です。
写真に写ってませんが、引出の内部ボックスはシナ材の合板、無塗装仕上げです。木材の呼吸、すなわち湿気の吸収と放出の為、引出の材料はシナの合板仕上げが多いです。
引出の奥行も80センチ以上あり、季節の衣類とか薄手の寝具戸とかも収納できますので片づくと喜んでいただきました。

和室収納1
写真は、現地調査の時の写真です。
この状況と比較して、よくこんなにきれいなお部屋が完成するとは、、(笑)