吹田市 工場のトイレの木製建具を製作。取り付けしてきました。

トイレ1
今回は、以前現地調査に行き、採寸、製作図面を作図、工場指示。製作をした建具を納めに行ってきました。
現場は工場のトイレの片開きドアがかなり傷んできて、交換時期に来ているドアです。
トイレ2
現状の片開きドアは、下部の化粧合板は捲れてきており、芯材も腐ってきている状態でした。
これぐらい長くお使いになれば、そろそろ交換してもいいのでは、って思うくらい年期が入った建具でした。
トイレ3
表示付のレバーハンドルもアルミが腐食している状態です。
丁番、レバーハンドルの施錠も掛かりにくく、不便な状態です。
汚れや、傷もひどく、そうとうです。
ちょっと、出入りしにくい雰囲気満載って感じです。
トイレ4
これは、新調したドアと新しいレバーハンドルです。
新品のハンドルが輝いてます。
表示と施錠、開閉を何度かして微調整をし、取付け完了です。
やはり新調の建具は清潔感もあり、美しいです。
トイレ5
写真は新調した建具です。
真っ白の建具が輝いて見えます。
同時に、便器と衛生陶器、壁面クロスも貼り替えされ、さらに清潔感のあるトイレが完成しました。
施工事例