吹田市 木製片開きドアのレバーハンドルの破損で開けられなくなった。とのことで緊急対応してきました。

レバーハンドル1
今回のご依頼は、室内ドア(片開き戸襖)のレバーハンドルが抜け落ち室内側に落ち、廊下側から解放できなくなったとのことで、緊急の訪問にお伺いしてきました。夕方のお電話でしたが、ご住所をお聞きすると、当社から自転車で行ける距離でしたので、幸いすぐにお伺いできました。
レバーハンドル4
内部のレバーハンドルが抜け落ちたらしく、ドアが閉まるとラッチがかかってしまうので、外部からは通常開けれなくなります。
この状況で解除するには、少しコツがあります。
レバーハンドルの刺さっている穴を覗くと四角の穴があります。これにマイナスのドライバーを差し込み回転させると簡単に開錠できます。

レバーハンドル2
開錠の仕方が普通素人の方は、わからないで、焦ってしまいます。
子供さんやお年寄りとかがとじ込みにならなくて良かったです。
以前から調子が変だったとのことでした。
ドアの開閉に不具合があれば、速めに御連絡いただければ対応いたしますので、お気軽にご相談ください。

レバーバンドル3
建具も金具も古くなってきているので、新たに新調されることになり、現状の寸法を採寸し後日取付けすることになりました。
施工事例