吹田市 階段の踏み板の交換工事をします。

階段1
住宅の階段の踏み板の交換工事に行ってきました。
現地に訪問しますと築年数が古く階段の踏み板を踏み抜いて折れた。ということで緊急に現場にて交換作業に行ってきました。
昔の住宅建材は無垢材が多く、この踏み板も杉材の無垢でした。
階段を踏み抜いたときにケガが無くて良かったです。
階段2
まずは、折れた踏み板の撤去の為丸鋸でカットします。
無垢の杉材は柔らかく、若干弱い印象です。
最近の階段はほとんど堅木の集成材を使っているため、通常の使用では折れることは少ないと思われます。
今回もゴムの木の集成材を用意しました。
ゴムの木は固く、カウンター材にも使用されますので、強度は十分だと思います。
階段3
撤去して分かったことは、右角に三角の踏み板が刺さって部分だけが固定されているのがわかりました。
通常踏み板の3方向に木軸がありますが、この状況を見て驚きました。
このような構造では強度が持ちません。

階段4
撤去して分かったことは、右角に三角の踏み板が刺さって部分だけが固定されているのがわかりました。
通常踏み板の3方向に木軸がありますが、この状況を見て驚きました。
このような構造では強度が持ちません。
施工事例