芦屋市 和室の押入れ、引違襖を製作、取付してきました。

押入れ襖1
この押入れは内部がクローゼット風になった押入れで間口も1160mmと狭く襖の幅も1枚巾が600mm以内になります。
高さに対して、襖の幅が極端に狭いと、左右に動かすとガタガタ横揺れすることがあるので、注意が必要です。
引手の位置も少し低くしてます。
高い位置に引手を付けると横に倒れそうになりながら、走行するからです。
襖2
襖の縁は白木材のスプルースを使用してます。
木目が美しく節がほとんどないので、和室の建具はほとんどスプルースを使います。紙貼りの内障子にもよく使います。
襖紙は和室の壁のクロスと同じホワイト系のビニールクロス張りです。
左の壁と天井がアクセントカラーにされてるからです。
写真では押入れ襖をメインで写してしまいましたので、和室全体が写ってなくて済みません。
オシャレな和室でした。




押入れ3
引手は丸型の白木調の引手です。
白木の木製のように見えますが、プラスチック製に木目柄の模様の引手です。

押入れ4
敷居すべりのロウは丁寧に塗り、すべりのチェックをして完了です。
施工事例