吹田市 2枚引き込み戸襖の破損、修理依頼で現場調査にお伺いしてきました。

戸襖1
今回はマンションの和室、2枚引込み戸襖の修理依頼があり現地に行ってきました。
現場の戸襖の1部に穴が開いてました。
戸襖2
現地にて詳しく状況を調べました。
完全に表面材の表面に穴が開いてしまい、修理不可能の状況でした。
お客様には再製作することをお勧めしました。
再製作するため、建具の寸法を取り、会社に戻り、表面材のメーカー、品番を調べます。
このような大きな穴でなく、小さな表面材のめくれ程度であれば、補修にて目立たなくすることは可能なのですが、、、
戸襖4
リビング側の取っ手は現状の引手を使いますので、1度外して工場に送ります。
他の引手と同じ形状の物を使うためです。
戸襖3
和室の表面の仕上げは、クロス張り仕上げです。
このクロスも、メーカー、品番をしらべます。
戸襖5
和室側の襖の引手も一度外して、新しい戸襖に取り付け、再利用します。
このように、他の建具とセットになっている建具の場合、引手や襖紙も合わせるため、細かく調査をしなければなりません。
施工事例