吹田市 木製ドアをアルミ框ドアレバーハンドル錠仕様へ取替致しました。

框ドアレバーハンドル錠 (1)
施工前 木製の片開きドアです。①ドア本体のキズ腐食が目立ってきている。特にドアの下側②レバーハンドル錠の動きが悪く、時々ひっかかり開閉出来ない時がある。その為今回、アルミ製のドアに取替出来ますか?とのご相談が有りました。提案致しましたのは、YKKAP製アルミ框ドア、レバーハンドル仕様、中桟付、縦框60㎜(通常40㎜)タイプ、プラチナステン色です。気に入って頂きご採用頂きました。
框ドアレバーハンドル錠 (2)
施工中① 最初に既存の木製ドアの上下2枚の丁番を取り外し、ドア本体を取り除きます。
框ドアレバーハンドル錠 (3)
施工中② 事前に採寸しオーダー製作しました。アルミ框ドア枠をはめ込んで行きます。
框ドアレバーハンドル錠 (4)
施工中③ レーザー墨出し器を使用し平行、垂直を計測し新設ドア枠を歪みのない様に、電動インパクトドライバーでしっかりと、左右、上部とビス止めしていきます。
框ドアレバーハンドル錠 (5)
施工中④ 新設枠のビス止めが完了しましたら、上下の丁番のビスを閉め、ドア本体を吊り込みます。
框ドアレバーハンドル錠 (6)
施工中⑤ ドア本体の吊り込みが完了しましたら、ドアクローザ(自動でゆっくりドアが閉まる装置)をドア上部に取付します。
框ドアレバーハンドル錠 (7)
施工後 ドアの開閉スピード調整、施錠調整をして完成となります。今回、上部には透明の網入り硝子、下部にはアルミサンドパネルをはめ込みました。ドア本体上下部はご要望に合わせて、硝子、アルミサンドパネルを変更する事も可能です。商品色もブラウン、ホワイト、ブラック等有り設置場所に合わせたコーディネートが可能です。