内断熱と外断熱のメリットとデメリットについてもっと詳しく知りたい!

断熱に関するお悩み
内断熱と外断熱のメリットとデメリットについてもっと詳しく知りたい!
ではまず【内断熱】のメリットとデメリットについてです。

内断熱の【メリット】は外断熱よりも一般的に施工されている工法であり、
断熱材を繊維系にすることでよりコストを抑える事が出来ます。

エアコンなどの空調機器を使用した時、一定の広さであれば
室内の温度を適温にする時間が早いです。

内断熱は柱と間柱との間の隙間に断熱材を詰めることで外壁が厚くならず、
敷地廻りに余裕が生まれます。


以上のメリットを簡単にまとめたものがこちらです。
・外断熱に比べコストが安い
・エアコンなどの空調機器の効きが早く感じる
・外壁が厚くならない
【内断熱】のデメリットは、エアコンなどの空調機器をつけたまま換気をしない状況が続くと、空調機器によって室内の温度差がある空間や空調調節が行き届かない場所では温度差が大きくなり、結露が発生しやすい環境になりかねません。適度な換気が必要になります。

以上のデメリットを簡単にまとめたものがこちらです。
・外断熱に比べ、環境によっては結露が発生しやすい
・外断熱に比べ、気密性が低い
次に、外断熱の【メリット】ですが、外装材のすぐ内側に断熱パネルなどの断熱材を設置することが出来、日射や放射冷却の影響が受けにくく断熱効果が発揮されます。

床・壁・屋根といった家全体を外から包み込む工法によって部屋に極端な温度差が生じにくく、気密性が高まるので、冬の結露の心配が少ないです。室内の内装をコンクリート打放し仕上げや構造体を露出したままの仕上げが出来ます。

以上のメリットを簡単にまとめたものがこちらです。
・内断熱に比べ、断熱効果が高い
・内断熱に比べ、結露が発生しにくい
・家全体を覆う工法の為気密性が高くなる
・室内の内装仕上げが自由
外断熱の【デメリット】は、エアコンなどの空調機器によって室内温度を適温にするのに、内部空間以外の床・壁・屋根などの構造体にも熱が伝わってしまう為、内断熱に比べると適温になるまで時間が掛かります。

外断熱の断熱材によっては白蟻に注意もしなければなりません。特に発泡系材料は白蟻が食べてしまうため要注意です。

施工も内断熱に比べるとおうちの形状によって手間が変わり工夫が必要となるので施工者が少ないことから、コストも割高になってしまいます。また断熱材の上から外壁材を留めるので外壁も厚くなります。


デメリットを簡単にまとめたものはこちらです。
・空調機器による室内の適温調整に時間が掛かる
・断熱材による白蟻対策が必要
・施工のコストが割高

以上が【内断熱】と【外断熱】のメリット&デメリットです。


(断熱性能は内断熱・外断熱の工法だけによって差が生じる訳ではありません。取付ける断熱材の材質や厚みによっても変化が生まれます。また、施工時に隙間が出来てしまうと断熱性能が落ちてしまいます。きちんとした施工が出来るのかどうか技術力も重要です。)