最新の内窓は、樹脂性(プラスチック)ですが、なぜでしょうか。

断熱に関するお悩み
最新の内窓は、樹脂性(プラスチック)ですが、なぜでしょうか。
内窓 省エネ効果
最新の内窓は、主に断熱性を重視して製作されています。樹脂は、アルミの1000倍、熱を伝えにくい性質があります。その為、アルミではなく、樹脂が採用されているのです。

断熱性能が高い内窓を取り付ければ、省エネ効果が期待出来ます。高い断熱性能により、冷気や熱気の侵入を防ぐことより、冷暖房の効きを格段に良くします。

最新の内窓で、高断熱な生活を実現しませんか。


内窓の詳細はこちらをクリック!

内窓取り付け