断熱ドアについて教えてください。

断熱に関するお悩み
断熱ドアについて教えてください。

断熱ドアの基礎知識

LIXIL 断熱ドア
室内の熱を逃さず、無駄なエネルギーを使用しないで快適な室内環境を保つために必要なのが断熱建材。断熱建材には、壁や天井、床などに用いる「断熱材」と窓やドアといった開口部に用いる「断熱開口部材」、断熱工事に使用し気密性を高める「気密補助材(防湿・気密フィルムや気密テープなど)」があります。

断熱性能の高い住宅をつくるためには、断熱建材を用いて家全体を隙間なく包むことがとても重要ですが、断熱材を用いても、窓や断熱ドアなどの開口部に断熱建材を用いなければ、本来の効果は期待できません。開口部に用いる断熱窓は、比較的身近な建材となってきていますが、断熱ドアも各メーカーから多くの商品が提案されています。

断熱ドア 切り口
断熱ドアとは、扉本体内部にウレタンなどの断熱材を充填したり、枠に断熱樹脂や気密材を用いるなどして、冷気や暖気の侵入や流出を抑える工夫を施したもの。アルミで樹脂材を挟み込んだ玄関ドア枠、玄関ドア本体の断熱材により結露を抑制するものを指します。
 一般的なドアよりも厚みがあり、扉に開口部を設けたデザインの場合は、複層ガラスや高断熱複層ガラスなどを用いて断熱・気密効果を高め、熱の伝わりを抑えています。また、断熱・気密性能とともに、遮音・防音性能が優れているのも特徴のひとつでしょう。

それぞれのドアの構造によって断熱性能は異なるので、「次世代省エネルギー基準(住宅の断熱や気密性、冷暖房についての基準)」の、どこの地域に適しているのかを確認し、地域の条件に応じた断熱仕様のドアを選ぶことが基本です。

建材メーカー商品の断熱ドアの素材は、鋼板の製品が多くみられますが、輸入品などには木製の断熱ドアも。いずれも比較的重量のあるタイプが多いので、ショールームで実物を開け閉めするなどして、使い勝手を確認する事をおすすめします。
LIXIL 断熱ドア
断熱ドアのデザインは豊富になってきています。ナチュラルなデザインから、モダンなデザインまで多種多様です。

また、断熱ドアけではなく、引き戸の商品も充実。断熱性能に関しては制約がありますが、デザインも豊富に揃っています。開閉スペースを取らない引き戸タイプは、玄関まわりに十分な空間を取ることができない場合や駐車スペースを兼ねている場合などに向いているスタイルでしょう。

最近では、リフォームに対応した商品も増えてきています。既存の玄関サイズに合わせやすく、外壁工事をせずに、短工期で設置することができるものです。一日で設置できるタイプもみられます。
LIXIL 勝手口ドア
また、玄関だけでなく、勝手口やテラスドアなどにも断熱仕様のタイプを取り入れたいもの。窓を含め、住まい全体の断熱性能を考慮して選ぶようにしましょう。

「住まいの顔」とも言われる玄関。外観デザインや門扉などとのコーディネートも大切ですし、防犯面も確認しておきたいポイントです。しかし、快適な日々を送るためには、断熱性などにも配慮することはとても重要です。

断熱性の高いドアに取替えてみてはいかがですか。