断熱と遮熱の違いってなんですか?

断熱に関するお悩み
断熱と遮熱の違いってなんですか?
断熱と遮熱
断熱とは外部・内部から伝わる熱の量を小さくする事です。それに対して遮熱は、日射を吸収しないように反射することを意味します。

建築における「断熱」は、夏・冬問わず、室内と室外の温度差を低減することを目的に、壁、屋根等に断熱材を用いたり、窓を二重窓を設置する事を指します。一方で、「遮熱」は、夏場などの強い日差しを反射する事を目的に、日射を反射する外壁塗装をすることやシェードやすだれ等を設置する事を指します。

このような違いがあり、窓等の開口部に断熱対策をしても、日射を反射する訳ではありませんので、夏場の強い日差しは防げません。逆に、遮熱対策を冬場などの寒い時期に行うと、日射しを取り込めない状態になりかねません。

断熱と遮熱、似たような言葉ですが、意味合いは大きく違ってきます。対策をする上で、この違いを考慮して頂くことで、より良い住居作りに役立つかもしれません。

当社としても、「断熱」、「遮熱」に優れた商品を取り扱っています。ご不明な点があれば、気軽にお問い合わせください。