ドアノブが少しガタついてしまっているのですが、放置したままで大丈夫でしょうか

メンテナンスに関するお悩み
ドアノブが少しガタついてしまっているのですが、放置したままで大丈夫でしょうか
ドアノブがぐらぐらしているけど、まだ使えるからといって放置してしまうのはよくありません。しっかりと固定され ていない状態で使い続けることは、ドアノブに強い負荷をかけてしまい、よりぐらついたり、空回りするようになったり、 最悪の場合、ドアノブが外れる、扉に傷がつくなどの原因になります。

台座がガタついてるだけなら、お客様自身でメンテナンス出来る方法をご紹介致します。

ドアノブの外し方

ドアノブ
ドアの内側にあるノブの根本に有る穴に、先 のとがった物を差し込みながらノブを回す、すると、先端が引っかかるところが有りますので、そこへ差し込みます差し込んだままノブを引き抜く。
台座カバー
ドアノブが外れたら、丸座を外します。扉内側に爪が出ていますので、丸座との間にドライバー(-)を差込、ねじるようにして丸座を引っ張ると外れます。
ana3
丸座が外れたら、大きめのビスが2本並んでいます。このビスが緩んでいたために、ノブがガタ付いていたのです。これを締め付けるだけで作業終了です。