枠はそのままで建具本体のみ取替えの打合せ&調査に行ってきました!

ドア本体のみ取替え
今回の建具は枠がスチール(鉄)製でドア本体が木製建具でした。
スチール枠は現状のまま使用したいとの事でしたので本体のみの取替えになります。

現場調査は現場枠が垂直、水平かどうか確認する為、レーザーを照射して確認します。
後は扉の厚みや開口巾、開口高、ドア巾、ドア高・・・など採寸してきました。
ピポットヒンジ
現場の丁番はピポットヒンジでした。
扉の上端と下端に取付け、上下軸を支点に開閉する金具になります。

画像は下部のヒンジになります。
ピポットヒンジ上
こちらの画像は上部のヒンジになります。

丁番と違い金物の見えがかりが小さくてスマートに見えます。