豊中市 アルミ框ドアを通風ドア(複層硝子仕様)への取替例です。

勝手口ドア
施工前 既存のアルミ框ドアです。ソアを閉めたままで通風可能な勝手口ドアに取替したいとのご相談が有りました。今回、ドア枠を残したまま施工できる、YKKAP製ドアリモ通風勝手口ドアをご提案しました所、気に入って頂きご採用となりました。
ドア (1)
施工中① 既存のドア本体の丁番ビスを電動ドライバーで抜き、ドア本体を取り外します。
ドア (2)
施工中② 既存枠からドア本体を取り外し完了です。
ドア (3)
施工中③ 事前に採寸し、オーダー製作しました新設ドアの枠をはめ込みます。
ドア (4)
施工中④ レーザー墨出し墨出しを使用し平行、垂直を採寸し、左右、上下を電動ドライバーでしっかりとビス止めしていきます。
ドア (5)
施工中⑤ この写真も新設枠をビス止めしている所です。
ドア (7)
施工中⑥ 枠のビス止めが完了しましたら、ドア本体を吊り込みます。その後、既存の枠と新設枠の隙間から雨水、風が入らないよに左右上下共コーキングを充填します。
ドア (8)
施工中⑥ 次にドア枠内部に化粧額縁を取付します。(既存の古い枠を覆い隠し見えない様にします。)
ドア (9)
施工後 外回りに壁を類似色の化粧コーキングをします。網戸付き格子を取付、ドアクローザの開閉スピード調整、錠の施錠確認をして完成となります。この商品はドアを閉めたまま硝子部が上下にスライドする事によって通風する事の出来る商品です。工事は1日で出来ますので、防犯面でも安心です。