吹田市 アルミ両開き門扉(電気錠仕様)取替、施工例です。

両開き門扉取替 (1)
施工前 既存の両開きアルミ門扉です。電気錠式ですが、錠が以前から作動しなくなり、お困りでした。30年程前の商品ですので、取替用の電気錠が既に廃番になっており電気錠のみの交換が出来ませんでした。今回、門扉本体も長年の使用でたくさんのキズも有りましたので、思い切って、門扉全ての交換をすることとなりました。
両開き門扉取替 (2)
施工中① 最初に既存の門扉本体を1枚ずつ取り外します。
両開き門扉取替 (3)
施工中② 新設門扉の柱設置の邪魔になる、既存の門柱に埋め込んである、門扉用ヒンジ、左右、上下4カ所をグラインダーを使用し切断していきます。
両開き門扉取替 (4)
施工中③ 既存土間に石が敷き詰められているので、コア穴抜きを専用の機械を使用して行います。
両開き門扉取替 (5)
施工中④ 新設門扉用の柱設置場所の、コア穴抜きが完了しました。18センチΦの大きさに開けました。
両開き門扉取替 (7)
施工中⑤ 新設門扉の柱をコア穴施工済み部に入れ、垂直、平行を確認し設置します。その後、モルタルを詰め込んで固定していきます。この作業を左右2カ所行います。
両開き門扉取替 (6)
施工中⑥ 柱の固定が完了しましたら、門扉本体を吊り込みます。
両開き門扉取替 (8)
施工中⑦ 左右2枚共、本体を吊り込みました。
両開き門扉取替 (9)
施工中⑧ 門扉本体に錠、フランス落とし等の金物を取付て行きます。その後、フランス落としの受けを土間に設置します。
両開き門扉取替 (9)
施工後 開閉、施錠調整をして完成となります。今回の商品は、YKKAP製電気錠付きルシアス門扉BW03型(目隠しタイプ)桑炭色、W1600H1400をご採用頂きました。カードをかざすだけで施解錠が出来、来客時は室内から開錠が出来ますので、安心の防犯配慮と快適、便利なシステムです。