吹田市、アルミ4枚建て引き違い窓、電動シャッター本体取付施工例です。

電動シャッター取付 (1)
シャッター付き引き違い窓W2500H1800程(4枚建)を新設しました。今回はその後の電動シャッター本体設置の施工事例をご紹介致します。まず、シャッター付きサッシは歪み無くまっすぐに取付しています。(歪みが有りますとシャッターが正常に作動しません)
電動シャッター取付 (2)
施行中① シャッター付きサッシが歪み無く取付完了しましたら、シャッター本体をサッシ枠上部のボックス内へはめ込みます。写真は、シャッター本体を職人2人で搬入している所です。
電動シャッター取付 (3)
施行中② シャッター本体をボックス内にはめ込んでいる所です。
電動シャッター取付 (4)
施工中③ シャッター本体のはめ込み完了です。事前に電気配線をボックス内に施しておきます。
電動シャッター取付 (5)
施工中④ シャッター用ガイドレールを左右2カ所はめ込み、電動インパクトドライバーでビス止めしていきます。
電動シャッター取付 (6)
施工中⑤ シャッター本体を事前に施していた電気配線と接合します。シャッター本体を作動させ、上下停止位置などを調整いていきます。
電動シャッター取付 (7)
施工中⑥ シャッターの作動調整が完了しましたら、シャッターボックスのフタをします。
電動シャッター取付 (8)
施工後 シャッターのスラット全開口の写真です。
電動シャッター取付 (9)
施工後 シャッターのスラット半開口の写真です。
電動シャッター取付 (10)
施工後 シャッターのスラット全閉の写真です。w2500H1800程のスラットがリモコン操作で簡単、楽に操作出来ます。手動式では閉めっぱなしになりがちですが、電動ですと毎日開閉し、硝子障子を開ければ空気の入替も楽に可能です。