バルコニー手摺(木目調横格子)施工例です。吹田市

fdc05b3697c4dc998fa24d2845c85ceb1
施工前 ガレージ型バルコニーです。3方に目隠し用横格子手摺と1カ所出入り口用、片開き門扉を取付します。

83d135a25c54709b7025a5c0179b7c7f1
施工前 内部側です。3方の立ち上がりを付け、雨水が溜まらない様に、前面部のコーナー2カ所から排水するようになっています。床面は全て防水工事を施工済みです。
07423cc640666b35986ba956bfaf3539-e16116568181211
施工中① 事前に採寸、打合せし、施工用図面を製作します。図面通りに、オーダー製作した商品を搬入し施工していきます。最初に手摺の柱を取付するの、束柱を立ち上がり部、上に位置決めをし設置していきます。
01d3c1511759d9fbfc211cf09182ae071
施工中② 束柱をほぼ1m間隔で3方取付します。その後、立ち上がり部に取付するアルミ笠木の下地ブラケットも取付ていきます。
aa637d4668672970371745193f190abf1
施工中③ 束柱のかぶせる様にアルミ柱、横手摺を組み合わせていきます。骨組みの完成です。
f58b23a904a36e656d088e475f8e59fb-e16116569241621
施工中④ 次に横格子の取付準備をしていきます。縦に立てかけている、木目調の棒状物を完成した骨組みに取付ていきます。
0b2b0495427a419dfe9c321d0da7e3f71
施工中⑤ 横格子と同色の取付用下地材を取付ています。
520450f38f0b68c3ed0cc1fd17f55d4d1
施工中⑥ 横格子取付用下地が設置できましたら、横格子を取付ていきます。およそ巾2m高さ50㎝が1スパンに工場で製作したものを、順番に設置します。
86b0586fd8eb4bd3ea53c56cbcbe41971
施工後 内部からの完成写真です。黒いアルミ笠木の上に、柱、横手摺、その外側に木目調の横格子が設置されています。
f7640db557ca1f73c40fe5a818b8d7441
施工後 ガレージ型バルコニーの土台部も横格子で覆っています。広いバルコニーを横格子で囲い、外からの目隠し効果を発揮し、のびのび使える空間が出現しました。