吹田市 マンションの襖工事をさせていただきました。

襖採寸
吹田市にある賃貸マンションの襖新調工事わさせて頂きました。
入居されていた方が、退出されましたので 新しくリフォームをして、入居様の募集をされる準備のために、和室を洋室にリフォームされていました。
襖が入っていましたので、今回も洋室ですが、襖の溝のままなので、そのまま襖でお話が進みました。木製建具にするのは、溝巾が狭く
建具と襖とは、切り込み方なども違うのです。

襖 下見
襖にしておいた方が、軽くて3枚天袋の取り外しも簡単です。新しい入居者様でも長い物を入れたり、大きな季節外れの品を入れる時にも便利です。

昔の日本人は、ほんとに良く考えて間仕切り戸などを考えていると思いました。

和室から洋室へ
リクシルの リビング建材の引戸を採用していただきました。
この戸は、襖と違い重たいです。

その点、襖や紙貼り障子は、軽くて取り外しが便利です。メンテナンス作業も安易にできますね。
襖溝
襖紙 ごりん
襖紙は、糸入りや
糸の入っていない紙があります。

よくマンションに使われるのは、糸の入っていない紙です。
襖の縁も、カタロクのように白木にしました。
洋室でも違和感をなくすためです。
戸当たり
施工事例
施工事例の写真をクリックしてください。過去の当社の施工事例がご覧いただけます。ご参考になさってくださいませ。