吹田市 木製建具 親子 窓付き・ガラリ付き

親子ドア 親扉
施設の木星建具の親子扉をご注文頂きました。硝子を入れる窓付きです。
両面同じ面材で、小口はカンナで建付調整できるように、大手貼り(スプルス)仕様になります。小口をテープで貼るとカンナで削る事は出来ません。
建具建付調整必要な場合は、小口は大手貼りでないと対応できません。

親子ドア 子扉
子扉には窓とガラリを取り付けるデザインです。親扉が小口大手貼りにしましたら、子扉も同じ様に大手貼りにいたします。
自然換気が常にできるように子扉にガラリを取り付けます。固定ガラリの為、羽根の調整・ガラリを塞いだりは出来ません。
建具定規
親子扉の場合は、親扉と子扉の隙間を隠す定規と呼ばれる隙間隠しの部材を付けます。
その部材を、定規と呼びます。
片流れ ガラリ
今回ご注文頂きました木製建具には、換気するためのガラリを付けます。木製のガラリもオーダーになります。
アルミの市販のガラリもあるのですが、製作範など制限があったりで木製ガラリを取り付け対応する場合も多いです。
フランス落とし加工
フランス落としを取り付けるために、金物の大きさに掘り込み加工をします。どの金物を使うかにより加工するサイズは、変わります。木製建具の場合は、すべてオーダーになりますので、製作指示は細かくなります。

木製建具の場合は、普通や通常というのがなくては色々な金物などを組み合わせます。
フランス落とし 上下
フランス落としという金物です。親子ドアや両開きドアの時に、吊元でない方にフランス落としを取付け片側だけで出入り致します。大きな荷物など出し入れする時に、両方が開くタイプのドアは便利です。

フランス落としを上下に取付扉を固定いたします。上下式の軸棒を床や扉の上下に掘り込んで取り付けた金物の穴に差し込んで床に固定し戸締りする金物です。
フランス落とし 150㎜
施工事例
左の施工事例の写真をクリックしていただきますと、当社の過去の施工事例がご覧いただけますので、どうぞご参考にしてください。

木製建具の事でお悩み事がありましたら、どうぞお気軽にご相談くださいませ。