吹田市 建具ドア用 面取硝子オーダー

IMG_0652-e1611892094273
ご近所のお客様がご来店くださいました。
相談があるのですが・・・・。とスマホの写真を見せていただきました。こんなドアなのですが、一番下の硝子の入っている枠ごと外れてしまったそうです
外れおちたので、その時硝子にヒビが入り割れてしまったと、ご修理のお問合せでした。
IMG_0653-e1611892164894
スマホの写真を見せていただけるのは、大変 助かります。
お話していく中でとても大体のイメージできます。

表がこのような感じで・・・。
IMG_06541-e1611892233582
反対側から、外れてしまった。ボンドで接着していたようで経年劣化なのか?一番下なので何か当たって押してしまったのかもしれませんね。

IMG_06561-e1611892294778
現物も小さな硝子入りの枠なのでご持参いただきました。見本を見せていただきました所、硝子は割れていましたが粉々にはなっておらず 形がはっきりとわかりますので、採寸はできました。周りが透明硝子になっています。
この硝子は、面取り硝子といいます。

硝子の加工です。残っている硝子が、ぼこぼこして外がぼんやり霞んで見える硝子です。面取りをする場合は、面を取った所は斜めに面を取るので厚みが薄くなります。
IMG_0658-e1611892424967
厚みが薄くなるので、硝子の厚みが薄いと面を取った所がなくなり割れやすくなります。
以前 食器棚に硝子で面取りをさせていただきました。
3ミリ透明の面取りは、枠に入る部分の厚みが1.3ミリ程度と半分くらいの厚みになります。

このカスミは、4ミリカスミ硝子の硝子を透明部分が20~21ミリありましたので、7分面取りと判断しました。
1分が3ミリなので、21÷3=7なので7分ということになります。
IMG_06571
実際は、透明部分が21ミリですが、枠に入ると見える部分が入るので目に見える部分は少しになります。

硝子のはめ込みも、簡単そうなので 家族の方が、硝子を入れはめ込む作業をしてくださいますので、面取り硝子のみをご発注いただきました。
6df124b52a859e5844551f38dd00a81114
左の施工事例の写真をクリックしてください。過去の当社の施工事例がご覧いただけます。どうぞご参考になさってくださいませ。