防犯も心配だけど、こまめな換気を!窓を開けて空気の入れ替えをしたい。

窓を開ける
厚生労働省の新型コロナウィルスの感染防止の一つに
①「密閉」空間にしないよう、こまめな換気を!

「部屋が広ければ大丈夫」、「狭い部屋は危険」というものではありません。WHOも、空気感染を起こす「結核・はしかの拡散」と「換気回数の少なさ」の関連性を認めています。とあげられています。
YKKの目隠し多機能ルーバー
●風の流れできるよう、2方向の窓を、1回、数分間程度、全開にしましょう。換気回数は毎時2回以上確保しましょう。

●窓が1つしかない場合でも、入口のドアを開ければ、窓とドアの間に空気が流れます。扇風機や換気扇を併用したり工夫すれば、換気の効果はさらに上がります。

厚生省 コロナ で検索してみてください。
手動にてルーバー調整
昔ながらのシンプルな方法で、2方の窓を開ける!
1方だと風が抜けませんので、2方の窓をあけるとスーッと風の動き感じる事ができます。
花粉症の方は、お辛いと思いますが、、、。機械換気よりは窓を開けるのが空気の入れ替えには効果的です。

窓のが道路だったり、隣と目線が・・・と窓を開けつらい時は、防犯対策の面格子の役目と目隠しにもなる可動目隠しルーバーという商品がございます。
手動にてルーバーを閉めた状態
手動式で目隠しできるルーバーの羽根を調整することができます。
雨戸戸袋を取り付けるスペースが無い場合で、防犯面で心配!とお悩みの方へもオススメな製品です。
縦面格子
こちらの縦格子の面格子は、窓を開けていますと、人の視線が気になることがあるかもしれません。
風はたくさん部屋に取り込むことはできますね。

新型コロナウィルス感染対策防止の一つ、
皆様もどうぞ、こまめな換気を!!心がけてください。
施工事例
施工事例の写真をクリックしてください。過去の施工事例がご覧いただけます。ご参考になさってくださいませ。