古くなったフロアヒンジ本体を交換させていただきました。 大阪府 摂津市

フロアヒンジ取り替え

 今回ご紹介させていただくのは、摂津市にある高校の食堂入り口のフロアヒンジ取り替えの工事です。   
 
 ご依頼いただいた内容は動きが悪く完全に扉が閉まりきらないということでした。 

 カバーを外して本体を確認すると、本体とケースが腐食していました。事前の現場調査通り、今回は本体ケース両方の交換になります。


フロアヒンジ取り替え

 まず古くなった本体とケースを撤去します。次に錆びが回っている部分や、今回はケースが少し大きいので、いらないコンクリート部分をハツリ工具を用いてはつっていきます。

 大きくはつることはないので、少しはつってケースをいれて調整していきます。
フロアヒンジ取り替え

 次に本体とケースをセットして、ケースを固定していきます。まずケースを溶接で固定し、その後にモルタルをケースとコンクリートの間に流し込み、動かないようにしていきます。

 溶接は作業スペースが狭い為、難しいところですが、そこは腕の見せ所ですね!
フロアヒンジ取り替え

 こちらが完成した写真になります。 カバー横の割れていた石の部分もモルタルで補修し、段差強度共問題なく仕上がりました。 動きも全く問題なく、非常にスムーズになりました。

 フロアヒンジやピボットヒンジなど、動作に不備があってお困りでしたら、専門スタッフがお伺い致しますので、弊社までお気軽にお問い合わせください。