古くなった玄関ドアを新しく交換させていただきました。 大阪府 高槻市

玄関ドア

本日ご紹介させていただくのは、高槻市にあるお宅で玄関引戸の取り替え工事をしました。 既存の引戸は長年の使用で各所に痛みがありました。 新しく取り付ける玄関は、壁などを壊さずに既存の枠の上から新しい枠を取り付けるカバー工法という施工方法で取り付けます。

 


玄関ドア
まずは扉やランマ部分のガラスを取り、既存のいらない部分の撤去をします。 グラインダーでアルミ材をカットしますので、養生はしっかりと行います。この時に必要な部分まで取ってしまうと、新設する枠がしっかり取り付けできない可能性があるので、必要な部分といらない部分をしっかり見極めて作業を進めます。
玄関ドア
撤去が終われば一度新しく取り付ける枠を仮置きします。 今回下枠レール部分のタイルをハツリましたので、適正な高さまでモルタルを詰め、レーザーで何度も高さをして、その上に新しい枠を取り付けます。その他の部分も専用のパッキンで調整をし、水平垂直を確認しています。
玄関ドア

こちらが完成した写真になります。 新しく取り付けた枠に内外とも額縁を取り付け、隅はコーキングをしているので、古い枠は見えなくなり、雨の侵入もありません。 また内側には網戸もあるので、夏場扉を開けていても、虫の侵入を防ぐ事ができます。

玄関扉の交換でご質問ご相談等ございましたら、お気軽に弊社までお問い合わせください。  お見積もり現場調査は無料です。

玄関見積