吹田市にて部屋の間仕切りに設置してあった造作家具を撤去し、内装補修しました。

造作家具撤去1
吹田市のお客様より、部屋の間仕切りに設置してある造作家具を撤去して欲しいとのご依頼を受けました。造作家具は、特注で作ってある家具で、今回の場合は、建物の建築工事の際にそこに固定して設置している家具でした。固定してあるのでその家具を撤去すると壁、天井、床などの内装の修理が必要になります。
造作家具撤去2
造作家具を大工さんが解体撤去していきます。最初に造作家具の扉などを外して、棚部分を解体していきます。
造作家具撤去3
造作家具の上部の解体が終わったら、続いて株の解体です。
造作家具撤去4
造作家具の撤去後は、天井、壁、床などの内装に修理が必要です。開口部分を塞ぎ、クロスを張って仕上げます。
造作家具撤去5
撤去後の全景です。部屋全体が見渡せる大きなLDKになりました。床もクッションフロアーを張りキレイに仕上がりました。
内装リフォーム業者をお探しの方は、MADOショップ吹田中央店へご相談ください。