吹田市のお客様から介護保険を利用した浴室リフォームのご相談をいただきました。

介護改修下見1
吹田市のお客様から介護保険を利用した住宅改修の浴室リフォームのご相談をいただきました。
介護改修下見2
お客様のお家は、在来工法の浴室でしたので、洗面から浴室の入り口の床の段差が4cmほどありました。
介護改修下見3
浴室内部側の床段差は11cmくらいありました。在来工法の浴室では水を洗面所に行かせないために、このような段差が作ってあるのが普通です。しかし、高齢になってくるとこのような段差があると店頭の原因になってしまいます。
介護改修下見6
洗面所側からも浴室側からも段差がありました。まずこちらの段差解消は必要です。
また、浴室内の適正な箇所に手すりの取り付けをご提案する予定です。
介護改修下見4
あとは、浴槽の深さの問題です。
こちらのお家の浴槽のマタギの高さは25cmです。しかしながら浴槽内からのマタギの高さは65cm。40cmも違います。
介護改修下見5
40cmも深さが違うと浴槽に入る際に前のめりになるので大変危険です。現在のユニットバスでは、マタギの高さは洗い場側からも浴槽内からも同じになっています。今回の浴室のリフォームの提案では、ユニットバスをご提案する予定です。介護保険を利用した浴室改修のご相談は、MADOショップ吹田中央店へお気軽にお寄せください。