吹田市 クリニックの木製建具が完成し、取り付けに行ってきました。

片引戸1
クリニックの木製建具が完成しましたので、取り付けに行ってきました。
最初に大型の片引き戸の取り付けです。
このクリニックは医療ビルのテナントさんとして開業されていますので、大きな建具の場合、建物のエレベーターの中のサイズを確認し、搬入経路の確認が必要です。
幸いエレベーターは大きく問題なく運べました。
上吊レール1
上吊りレールの取り付けです。寸法は測ってましたので、会社でカットして用意しました。
ソフトクローズの部品も取り付けし、引き戸をセットし、調整ビスで建付け調整をします。
連動引戸
ハンドルの位置を考えながら取り付けしします。
下部の連動部品は写真に写ってませんが、しっかり図面を描いて、取り付け位置を決めてます。
連動金物
上吊りレールの取り付け位置の間隔も事前に作図して割り出ししてます。
2枚連動引戸
建具の調整を済ませて、完成です。
ご希望の表面材は先生のイメージ通りとのことで、満足していただけました。
建具の表面材は色や柄が豊富なので、メーカーの大きなサンプルを取り寄せて承認していただくようにしております。
同じ樹種のサンプルでも木目の柄が大きく違いがありますので、オーダー品の製作の場合大切な作業といえます。